ドライバーにやさしい自立立体駐車場
2021年10月9日

立体駐車場経営は手軽にできるのか

立体駐車場を経営するにあたり、新たな建物を作って経営する必要があると考えている人も少なくありませんが、実は既存の建物を活用して作ることも可能です。例えばショッピングセンターの屋上が平面駐車場になっているなら、立体に変化させるのは容易となります。ショッピングセンターなどの場合いつでも利用者が多く、駐車台数が増えることにより多くの利用者を見込めるようになるため、メリットは大きいです。また、マンションやアパート建設・経営よりもはるかに低コストで利益率が高いこともメリットといえます。

自走式であれば、ある程度防犯施設や管理会社へのコストはかかりますが、維持費に関してはあまりかからないのもメリットといえるでしょう。コストを差し引いてもある程度の収益を得られることから、立体駐車場経営に乗り出す企業や個人は増えています。特に現在建てられているビルを活用して経営を行うことで、空き物件を効率よく利用できるのと同時に収益率の向上に役立つ可能性が高まるからです。空き会議室と同様に人気となっており、今後さらに利用する人が増えると期待されています。

都市圏の場合立地を選ばずにある程度の利益を期待できますが、地方の場合は車社会であっても、設置する場所を選ぶことも理解しておくことが、利益を上げるうえで重要となるでしょう。立体駐車場経営に関するオンラインセミナーも登場しているため、確認してから利用することがより収益アップにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です