ドライバーにやさしい自立立体駐車場
2021年7月21日

中古車を購入するときのチェックポイント

中古車が人気です。新車のほうがもちろん丈夫であり、性能も高い事が多いですが、特に日本車の場合は丈夫なこともあり、中古車を購入して乗り続けるという方も多いようです。以前、車といえば10年、10万キロで交換という方が多かったようですが、最近では15年、15万キロという方も多くなっています。そのため、中古車の価格も5万キロを超えたら一気に下落するのが通例だったのですが現在では程度が良ければ10万キロの走行距離の車でも値段がしっかりつくようになっています。

魅力的な中古車ですが購入する際はチェックポイントがいくつかあります。1つ目はエンジンの状態です。エンジンはオイル交換がされていればあまりこだわる必要はないと言われるほど丈夫なものです。ただし、整備手帳にオイル交換の頻度が書かれていない場合には要注意です。

素人でも分かるエンジンチェック方法としてはアイドリングが安定するかを見ます。エンジン始動、エアコン始動後にすぐにアイドリングが安定するかはとても大事なチェック項目です。また、空ぶかしをちょとした際にすぐにアイドリングが安定するかも大事になります。その他、ひどい振動がないかもチェックしたいところです。

2つ目は内装についてです。清掃技術が発達したのでほとんどの匂いは消せますが、エアコンのニオイやタバコの臭いはシートの裏地を見るなどすればチェックできます。また、水没車の場合にもシート下のボディに形が残りますので要チェックです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です