ドライバーにやさしい自立立体駐車場
2021年6月3日

自走式立体駐車場の種類と特徴

複数の階層を持つのが自走式立体駐車場の特徴ですが、実はスロープの設け方によって、幾つかのタイプに分類されます。主に3タイプに分かれており、それぞれに敷地面積当たりの駐車台数や利用方法に違いがでてくるので注意が欠かせません。導入したい施設に併せて選ぶことが大切です。まずポピュラーなのはフラット型と呼ばれており、一つの階層に一個のスロープを設けます。

これによって駐車スペースの床面がフラットになるので、車いすなどでも利用しやすく、商業施設や病院などで良く利用されます。類似している形にスキップ型もあり、こちらは半階ごとにスロープを用意するのが特徴です。スロープ数は増えますが短くて良いため、効率よく設置できるのがメリットとなります。こちらもショッピングや病院で利用されることが多いです。

上記二つと大きく異なるのが連続傾斜型と呼ばれるタイプで、文字通り駐車スペースが傾斜しています。長く大きいスロープ自体に駐車スペースを設けることで、敷地の無駄をなくして駐車できるようにしているのが特徴です。ショッピングカートなどを使うのには向きませんが、面積当たりの駐車台数が増やせるので、マンションや社員寮などで利用されることが多くなっています。自走式立体駐車場はこの3タイプから、設備用途などを考えて選んでいくことが大切です。

他にも階層の数や耐震性の他、災害時の停電なども考えて、最適な自走式立体駐車場を考えてみましょう。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です