ドライバーにやさしい自立立体駐車場
2021年5月31日

自走式立体駐車場には種類があります

立体式駐車場は自走式立体駐車場や機械式駐車場があり、自走式立体駐車場は運転者が目的階まで運転して駐車するタイプです。見合う大きな土地が必要ですが、集客用の駐車場などに適しています。たくさんの駐車台数を確保することができ、フラット式やスキップ式・連続傾床式などを選択することが可能です。フラット式の場合、駐車場の各階がスロープで連結された駐車場です。

自走式立体駐車場においてシンプルなタイプになっており、上に向かう車や駐車する車の導線などを区分することができ、安全確保の面で優れています。見通しの良いスペースを実現することができ、スムーズな駐車を利用することが可能です。平坦な床であるので高齢者や子供、車椅子の利用者にとって親切な設計になっています。スキップ式の場合、駐車階を半階分ずらした立体駐車場で、一つひとつのスロープが短くなっており、走行しやすいことが特徴的です。

見通しが良くなっており、一定方向に巡回することができるので、空きスペースを見つけやすくなっています。連続傾床式の場合、昇降スロープなどを兼ねた緩い勾配のスペースになっており、便利に構築された立体駐車場です。構造として緩やかならせん状になっており、急カーブや急勾配などが存在しません。スロープが不要なため、高い面積効率を実現することができます。

平面駐車場と比べるとメリットが多く、例えば車の出し入れが簡単で、入出庫の操作によるための待ち時間がありません。荷物の出し入れが簡単で、雨風や直射日光など車へのダメージを避けられます。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です