ドライバーにやさしい自立立体駐車場
2021年5月31日

狭い土地でも有効活用が出来る自走式立体駐車場

車社会である現代において、車を停めるスペースは必要です。平地に駐車する為のスペースを確保するには、それなりに土地の広さが必要になってきますが、立体駐車場であれば、土地の広さに関係ありません。各エリアに多くの台数の車を駐車する事が出来るからです。立体駐車場には、自走式立体駐車場と機械式立体駐車場があります。

自走式立体駐車場は、車のドライバーが駐車スペースまで車を運転して各エリアの駐車スペースまで行くタイプです。機械式立体駐車場は、設置されている装置を使って、車を入庫・運搬した上で収納を行うタイプとなっています。スーパーや家電量販店やショッピングモールなどでは、自走式立体駐車場を導入しているケースが多いです。この方式のメリットは、機械式立体駐車場よりも設置コストが低く、機械のスペースを確保する必要が無いので、一層多くの車を収納出来ます。

自走式立体駐車場には、フラット式やスキップ式や連続傾斜式があります。フラット式は、各エリアをスロープで繋いでいます。上に向かう車と下に向かう車とは、導線が設けられているので安全に車の出し入れを行えます。スキップ式は、駐車エリアのある階を半階ずつずらしています。

それぞれのスロープが短くなっているので、車を走行させ易いというメリットがあります。連続傾斜式は、緩い勾配の駐車スペースが昇降スロープを兼ねているのが特徴です。急カーブや急勾配にならないようになっており、スロープが無い分、面積効率を高められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です