レーザー脱毛を行う時には飲酒を避ける必要があります。

お酒を飲む事と脱毛する事とでは一見すると関係が無いように思われますが、そのような事になっているのには当然理由があります。その理由を理解するためにはレーザー脱毛がレーザーを照射する事でどうして脱毛をするのかについてを理解する必要があります。

レーザー脱毛と言うのはレーザーを照射するだけで脱毛する事が出来るという一見するととてもシンプルな脱毛方法ではあるのですが、そのようなレーザーを肌に当てる事で脱毛するだけで済むのも不思議なものです。それが可能なのはどうしてなのかというと、光の性質を利用していて光は上手く調整する事で特定の組織の身に影響を与えて周囲の部分には影響しないようにする事も可能なのです。レーザーを照射する際には体毛だけに照射するなどという器用な事は出来る訳では無く周囲の肌にも照射されているのですが、光の性質をうまく利用する事で体毛だけに作用するようになっているのです。

体毛に光を照射する事で熱が発生するのですが、その熱は周囲の肌にも伝わるので調整を誤ると火傷してしまうリスクもあります。そこをうまく調整するのも大切なのですが、発生した熱はいずれにしても多少は肌にも伝わっているので脱毛した直後の肌は正常な状態よりも敏感な状態となっています。そのような状態で体温を上昇させたり肌に刺激を加えると炎症を起こす原因となってしまい、飲酒する事で血行を良くする事もその一つなのです。だからこそ脱毛する際には飲酒を避ける必要があるのです。
医療レーザー脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *