Skip to content

節約におすすめな格安スマホ

通信費の中でも、家族が多くいると毎月の携帯電話代の維持費が結構なものになってしまいますが、全員の携帯電話を格安スマホにすると相当な節約につながる事があります。

家族で格安スマホを契約する際に向いているのがシェアプランであり、多くの格安スマホは親回線(音声基本料・データ通信)と副回線(音声基本料・シェアオプション料)を設定する事で契約が可能となります。

親回線のデータ通信量は、4人家族の場合で10GB程度が望ましく、パケットを消費しやすい動画サイトの利用や、ダウンロードを頻繁に行う際は20GBや30GBのプランにしておくと良いでしょう。

4人家族でシェアプラン(音声・データ10GB)を使う場合の目安料金は、6千円台や7千円台が多くなっており、大手キャリアと比較すると半分程度に抑えられます。格安スマホの特徴として、通常の音声通話に関しては話すほどに料金が加算されていくシステムが採用されているので、音声通話は900円前後の10分定額制オプションか通話料金が半額(30秒ごとに10円)になる通話アプリを活用するのがおすすめです。

ちなみに、家族や仲の良い友人同士の会話なら、データ通信を使う無料通話アプリの利用が良く、音声通話料金は掛からないので長時間の通話も安心出来ます。

注意点としては、格安スマホで一部の通話アプリを利用する場合はID検索が出来ない場合もあるので、ID交換は直接会わないといけない点には注意しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です