Skip to content

SIMフリーを利用する際に

SIMフリーのスマートフォンはどのSIMカードも利用できる、と説明されることが多いですがSIMフリー機であっても一定の利用条件があります。

まずあるのがSIMカードの規格です。SIMカードは通常からmicroサイズまで三つの規格に分かれていますし、au系の会社ではLTE対応と未対応でSIMカードが変わってきます。

ですから機種に対応した的確なSIMカードを保有している必要があります。もしSiMカードの規格が違う、という場合はアダプターと呼ばれる道具を使ってSIMカードの規格をごまかす方法もありますが、これは機種によっては使えないこともあるので基本的には同じ規格のSIMカードを用意することをお勧めします。

次に重要な点は電波バンドや電波の種類です。日本では大手三社の通信設備を借りてMVNOでサービスが提供されますが、ドコモ・ソフトバンクとauでは利用している通信規格が違います。

SIMフリーの多くはMVNOの多くがドコモの回線を借りていることを踏まえてドコモに合わせて調整してあるので、au系の会社を利用したい方は注意しましょう。最近ではauとドコモの両方に対応したSIMフリー機種も存在します。

また同じ規格であっても会社によって使う電波は異なります。ですからソフトバンク系の回線を使いたい方なども利用する際には注意が必要です。こういった注意点を避ける一番確実な方法としてはMVNOなどでセットでSIMフリー機を購入することです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です