Skip to content

格安スマホはどれくらいお得か

格安スマホは、多くの人が利用する事によって認知度が高まっていますが、大手携帯電話と比較すると大幅に維持費を抑える事が出来ます。

格安スマホは、格安であっても大手携帯電話会社とほぼ同じ通信エリアで利用可能となっている事から、人が住んでいるエリアなら確実にデータ通信が可能です。お得に出来る理由として一番に挙げられるのが、自前の通信網を持たない低コスト運営(大手から通信網をレンタルする方式)を採用しているからです。

格安スマホの維持費は、音声基本料・データ通信(3GBや5GB)がセットになったプランが2千円前後となっており、それに加えて端末を格安スマホから購入する場合(24ヶ月支払い)は、毎月の支払いに数百円~2千円程度の端末料金が加算されます。

それに加えて、通話アプリの使用料・端末補償費等のオプションも必要になる事もあります。ちなみに、格安スマホが提供する端末は、1万円前後の低価格帯・3万円や4万円の中価格帯・7万円や8万円の高価格帯に分かれており、高価格帯の場合はオクタコア・8GBのRAMといった処理能力が極めて高い製品となっています。

初めてスマホを使う場合は、低価格帯・中価格帯でも問題なく使う事が可能であり、頻繁にゲームや高画質の動画再生を行いたい場合は高スペック製品を使うとストレスがありません。

端末選びが分からない場合は、家電量販店のスタッフやスマホ事業者のチャットで質問をすると自分に合った端末を選べるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です